オフィスワンダーランド

第二週目は“さいふうめい”こと竹内一郎率いるオフィスワンダーランドが公演。

『すずらん通り 里中書店』というタイトル通り、神保町の古本屋にまつわるストーリー。
Aキャスト、Bキャストの2チームによって上演された。

神田神保町すずらん通りにある昔ながらの古本屋「里中書店」。ある日、店主が亡くなった。

オフィスワンダーランド01

長女と長男は「売る」という。末娘は、古本屋の全国チェーンに入ろうという。

オフィスワンダーランド02

結局、亡き父の意思を尊重する子供は一人もいなかった。

オフィスワンダーランド03

そこに店主の愛人が現れ、

オフィスワンダーランド04

店主の遺志を継いで、古本屋を存続させたいという。加えて、店主の子供まで身ごもっているという。

オフィスワンダーランド05

兄弟間の骨肉の争いが始まる。

オフィスワンダーランド06
オフィスワンダーランド07
オフィスワンダーランド08

さらに、店主と親交のあった小説家が現れ、

オフィスワンダーランド09

店主に依頼していた本を取りにきたことで、里中家の意外な真実を知ることになる。

オフィスワンダーランド10

店主は、子供たちに、何を残したのか――。

オフィスワンダーランド11
オフィスワンダーランド12

Aキャスト

オフィスワンダーランド13

Bキャスト

オフィスワンダーランド14

<配役>
有村良子 里中家長女 A:倉多七与 B:海原美帆
里中隆之介 同長男  A:鈴木佐利 B:いいづか康彦
里中由紀子 同末女  A:岡崎真弓 B:森沢美優
遠州康彦 歴史小説家 里中書店の客 A:中田寿輝 B:松岡優作
五十嵐圭 里中書店のアルバイト A:友野翔太 B:齋藤皓允
秋野順子 鷹男の弔問客 A:藤堂海 B:山幸加奈
臼井怜治 不動産会社のデベロッパー A:荒井章伸 B:石鳥孝明
館林瑞希 臼井の部下 A:中﨑美香 B:倉多七与
野々村美佐 葬儀屋の社員 A:高橋亜矢 B:裕季

撮影:西村春彦